FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーファミコン

某西川がスーファミターボなるものを書いていたがそんなものの存在は全く知らんかった。
スーファミターボ
カセットの価格を低くするため開発されたという発想はいいと思う。
しかしながら当時スーファミはカセットを買いクリアして即売るというサイクルが主流でこれが原因かどうかは分からないが中古価格が暴落しまくってた。定価が9800円で高い高いとか言われるが、スーファミ末期になると発売後3ヶ月か半年かすれば2000円を切るようなソフトが多かった。スーファミで一番好きなゲームだが大航海時代2を学校帰りに定価で買って後悔した。いやしてないか。
確かファイナルファンタジー5は3000円ぐらい、6は1480円ぐらい、ロマンシングサガ3に至ってはなんと380円だか480円だかで買えた。
値段から考えたらロマサガ3はとんでもないクソゲーなんじゃないかと買った帰り考えてしまったが、やってみたらどんなゲームより面白かった。このゲーム、トレードがあったりマスコンバットがあったり国政があったりサブ要素てんこ盛りだぞ。
平均的に男性より強い女性陣、火炎無効の雪だるま、ハサミで殴るエビ 魔力が低く腕力がトップクラスの妖精、腕力は並だが体力が高く鼻で盾を使える象とネタに尽きないキャラ関係。
ロマサガ3のあたりがスーファミ末期の末期だったな。RPGの値崩れが特に激しかったと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たこー

Author:たこー
大阪県大阪市在住在日日本人のぶろぐ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。